私のリフォームで業者検索!プチリフォームだって地域別、目的別、施工事例からピッタリなリフォーム業者が見つかる!

リフォームの薬箱-Q&A-

HOMEリフォームアラカルトリフォームの薬箱

リビング・和室についての質問

インテリアサッシがおススメです。

お気に入りの家具やカーテンなどで部屋をデザインしたらサッシにもこだわりたいですよね。

インテリアサッシなら室内側を木目調にして部屋の暖かな雰囲気を損なわずに自然に調和させることができます。

また、やさしいモノトーン調にすればモダンな雰囲気にすることもできるので、幅広く対応することができます。

こちらの商品もどうぞ!

タイル床でペットも人も快適!

ペットは大切なパートナーです。関節や膝に負担のかかる床では困りますよね。
タイル床はフローリングよりも滑りにくく、負担を軽減してくれます。

カーペットも滑りにくいのですが、汚れやすいと言う欠点があります。
タイル床は汚れが染み込みにくく、落としやすい床材です。

また、爪よりも堅いタイル床なら引っかいても傷がつきにくいので、美しさを保ち
メンテナンス費用を抑えることが出来ます。

こちらの商品も参考にどうぞ!

タイルの壁材はいかがですか?

リビングの壁材といえば「クロス張り」と思いがちですが、最近ではタイル張りのものも増えてきました。

タイルといっても、割石モザイク調や風化した木目柄など、自然な風合いのものもおおく、お部屋の雰囲気にあわせてコーディネートすることが可能です。

吸水性能、防カビ・防ダニ性能を備えているものもあり、空調も少なくて済むからとってもエコ!

リッチなテイストをお好みなら、壁紙とは一味違うタイル張りを御検討されてはいかがですか??

liv_pla4_co01_01_img_l.jpg

 

こちらの商品も参考にどうぞ!
⇒⇒【INAX:インテリアタイル】
http://www.inax.co.jp/products/tile/

素材としてはビニール、紙、布などがあります。一番一般的なのはビニールです。

一般的にはビニールクロスが一番安価です。また、近年では様々な機能を持った壁紙(調湿機能やキズ・汚れに対する耐性、マイナスイオンの発生など)機能性壁紙と呼ばれる商品もたくさんあります。
最近では、シックハウス症候群などの問題もありますので、ご自身の体質に合わせて、しっかり吟味しましょう。

代表的なのは漆喰や珪藻土です。

近年では、その機能が見直されている塗り壁材ですが、一口に漆喰や珪藻土と言っても構成する材料は多岐にわたり、同じ漆喰や珪藻土でも、持っている機能に違いがある場合があります。
基本的には、調湿機能は空気の浄化機能を持っていることがほとんどです。弱点としては、どうしても工事費用がかさむことと、職人によって仕上がりの差(または、好みの差)ができやすい事です。

かなり大まかに分ければ、新建材系か、それとも無垢材系なのかと、遮音性能の有る無しです。

マンションなどの集合住宅の場合、規約でL-45やL-40といった、遮音性能をもった商品しか使えない場合があります。新建材の方のメリットはお手入れが楽で、反りや床鳴りの心配が少ない事です。
無垢材の方のメリットは何と言っても無垢材独特の温かさや肌触りや健康的なところです。ただし、費用は無垢材系のほうが高価な場合が多いです。

焼き物系のタイル、ビニール系、コルク材などがあります。

焼き物系のタイルのメリットは、デザイン性に優れることです。ビニール系の材料ではクッションフロアーやビニール系のタイルなどがあり、前者のメリットは水回りなどの施工に便利でコストパフォーマンスに優れます。後者は焼き物系のタイルよりも施工が容易でクッションフロアーよりもデザイン性と耐久性に優れる事です。コルク材のメリットは柔らかな肌触りや遮音性などがあります。

表替えや裏返し、場合によっては造り替えなどがあります。

一時期は手入れの手間などから、減少傾向にあった畳のお部屋ですが、近年では畳の持つ機能などから、その存在が見直されつつあるそうです。
比較的簡単に行えるのは表替えや裏返しなどですが、琉球畳などデザイン性に優れた畳を新調される方も多いです。

襖紙、障子紙の張替が一般的ですが、新調することもお勧めします。

伝統的なデザインのものから、モダンなデザインのものまで様々な商品がありますので、張替をすることでガラっとお部屋の雰囲気を変えることも可能です。
また、枠のデザインも豊富で、取り換えることでさらにお部屋の雰囲気を変えることができますので、予算に応じて新調を考えるのもいいでしょう。

間取りの変更や収納の追加を検討しましょう。

リビングやダイニングが手狭では、せっかくの一家団欒に水を差してしまいます。建物の構造によって限度はありますが、間仕切り壁の撤去などで広いリビングやダイニングを手にすることができた事例はたくさんあります。
また、収納の少なさから家具がリビングやダイニングを占領してしまい、手狭に感じてしまうケースもありますので、収納の追加のなどで改善する場合もあります。

防犯ガラスへの入れ替えや、防犯フィルムの貼り付けをお勧めします。

他にもクレセントの取り換えや、二重鍵を付けることで防犯性能を向上させることができます。
住宅への侵入経路で最も多いのは窓からの侵入なので、しっかり対策をしましょう。

二重サッシや後付けでサッシを追加する工事をお勧めします。

近年のサッシの性能の向上は著しく、サッシを二重にすることで空気の層ができて断熱性能が向上することに加え結露の低減や、防犯性能の向上などもできます。
また、住宅エコポイント制度などでポイント還元をうけれるのでお得に工事することができます。ただし、マンションなどの集合住宅の場合、規約により外観部分に関わるようなサッシの工事はできないことがあります。

汚れに耐性のある商品や、消臭機能のある建材でのリフォームをお勧めします。

メーカーがペット共生用の建材、汚れに強いクロスや変色しにくいコーティングがしてある床材などを販売していますので、それらを使ってリフォームすることで改善すると思います。
ただし、お手入れが簡単な商品と、お手入れは多少手間がかかりますが、ペットの足や腰への負担が少ないタイプの商品がありますので、いろいろな建材を比較検討して、最適なペットとの暮らしを目指しましょう。