私のリフォームで業者検索!プチリフォームだって地域別、目的別、施工事例からピッタリなリフォーム業者が見つかる!

リフォームを始める前に知っておきたいマル得

HOMEリフォームアラカルトマル得情報

寒さ、暑さ対策

ハニカムスクリーンで冬を暖かく、夏を涼しく!

朝夕肌寒いと感じても、昼間はまだまだ暑い9月sweat02
家の中に熱がこもって真夏のような暑さになることもcoldsweats02
 
暑さ対策、寒さ対策を考える時、いろいろな事に留意する必要がありますが、その中でも一番大切な点は窓まわりの対策です。
夏場は、熱気の侵入、冬場は、暖房熱の損失。
外気の侵入や室内の暖気・冷気の流出の多くは、窓からです。
 
窓の断熱や遮熱と言えば、窓自体の性能を上げる事に目が行きがちですが、
実はそれに付随するカーテンなどでも断熱性能を上げる事は可能ですflair
カーテンを断熱ブラインドに変えるだけで、夏は日射しをカットし、冬は冷気の侵入を防ぎ、室内の暖かい熱を逃がしません。
 
中でも、このところ注目が高まっている「ハニカムスクリーン」は、
従来のブラインドやロールスクリーンのように設置する、まったく新しい断熱商品ですshine
 
ハニカム構造とは蜂の巣状の断熱構造のことを指しており、
ハニカムスクリーン内の空気層が空気を閉じ込めることで、
驚くべき省エネ効果を実現し、お部屋を常に快適な状態に保つ働きをしてくれます。
 
和室にも洋室にもマッチするデザインなので、お部屋に合わせてコーディネイトでき、
従来のカーテンからの交換も簡単です。
 
まだまだ続く厳しい残暑、そして来たるべき冬に備えて、快適に暮らしながら節電する窓まわりのリフォームを考えてみませんかwink
 
ハニカムスクリーンについてくわしくはコチラ
http://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/brancherdx_honeycomb/default.htm

IHクッキングヒーターで夏のキッチンを快適に!!

暑い夏、キッチンで火を使っての調理はつらいですねcoldsweats02

その悩みを解決するのはIHクッキングヒーターshine

IHクッキングヒーターなら火を使わないので、キッチンの温度が上がりにくく、猛暑の夏も快適に調理できます。

 

従来のガスコンロの熱効率は40%~50%、残りの50%以上の熱は空気中に捨てられています。

夏のキッチンが蒸し風呂のようになってしまうのはこれが原因です。

それに比べてIHクッキングヒーターの熱効率は80%~90%、創り出された熱を有効に活用するから地球にも家計にも優しいんです。

放出される熱も少ないのでキッチンまわりの温度上昇を抑えるので夏のキッチンでも汗知らず!

冷房の使い過ぎもセーブでき、光熱費も節約happy02

 

また、IHクッキングヒーターはフラットなトッププレートなので、吹きこぼれてもサッと拭くだけでお掃除もカンタン!

火を使わないのでお子様やお年寄りでも安心して使っていただけます!

暑い夏、少しでも快適に過ごすためにもIHクッキングヒーターはおすすめですnote

 

詳しくはコチラ

http://sumai.panasonic.jp/ihcook/

リフォームで暑さ対策!

梅雨の前に夏がやってきそうな暑さですねcoldsweats01
こう暑いと、ついついエアコンに頼ってしまいがち・・・
でも、エアコンをつけると、体調や電気代も気がかりですよねsweat01
そこで、リフォームの小さな工夫でできる暑さ対策をご紹介します!

 


夏の強い日差しは室温を上昇させ、更に床、壁などの照り返し熱で室内は更に暑くなります。

涼しくするには部屋に日差しを入れないこと、そして窓周辺に蓄熱させない工夫が大切です。

特に夏の西日は強力なので、徹底的にカットしましょう。
 

日差しをカットするには、窓サッシの性能を上げるリフォームが効果的です。

ガラスをエコガラスに交換リフォームすれば遮熱機能があるので夏涼しく、冬暖かくなります。

リフォーム用エコガラスなら、今ある窓枠はそのままで、ガラスだけを交換するので、家中の窓ガラスを交換しても、工事は1、2日で完了します。

 

夏が来る前にリフォームでできる暑さ対策を考えてみませんか?sun

エコガラスについて、詳しくはコチラ
http://www.ecoglass.jp/

先進アイテムで冬もあったかお風呂!!

寒さがこたえるこの季節、凍えた体を温めるお風呂が恋しくなりますねshine

寒い外から帰って温かいお湯につかるのは、まさに至福のひと時。

しかし、冬場の入浴は冷え解消やリラックス効果などの健康効果も高い半面、寒い脱衣所と熱いお湯が入った浴槽の中の温度差で血圧が急激に変化する、いわゆるヒートショックが起きたり、湯冷めによる風邪などのトラブルも起こりやすくなります。

これを防ぐためには、あらかじめ脱衣室や浴室を暖めておき、体に急激な温度変化を与えない注意や工夫が必要です。

INAXのお風呂先進アイテム、冷ヤッとしない床「サーモフロア」は独自の断熱層を重ねた構造で、お風呂に入った時に感じる足裏の冷たさを軽減し、従来の床に比べて血圧変動を小さく抑え、身体的なストレスを減らします。

また、保温材と専用組フタのダブル保温により、あたたかさが長持ちする浴槽「サーモバス」は、約4時間後でも温度は約2.5℃しか下がらないので、入浴時間の異なるご家族でも時間を気にせずに入浴できます。

寒さが堪える季節だから、安全・安心・快適なバスルームで、身体の芯から温まりたいですねhappy01

 

詳しくはコチラ
「サーモフロア」
http://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/unit/renobio/p/feature/feature02/

「サーモバス」
http://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/unit/grandage/feature/thermo_bath_s.htm

 


 

フレームすっきり!画期的なデザインの窓です!!

LIXILより次世代ウインドウ「サーモス2」が発売されますshine

従来の窓から余分なフレームを剥がした斬新なデザインで、断熱性能をアップするという新商品。

機能も向上し、デザインもとってもカッコいいですhappy01

詳しくはコチラ

 

http://www.lixil.co.jp/lineup/window_shutter/series/samos/

ホコリを寄せつけない新技術?!

結露対策にもおすすめな内窓shine

 

トステムさんの『インプラス』に『ダストバリア』が新登場sign03

 コチラの商品はホコリの原因となる静電気を帯電を防止する特殊な樹脂を

使用することで、ホコリを寄せつけないそうですshineですので窓にも汚れが

付きにくくお手入れがとてもラクになります。お掃除がラクになるのは

うれしいですよねhappy01

 カラーは6色で、お部屋のイメージに合わせてコーディネートできますよnotes

 

 今ならインプラスをご購入された方を対象に“窓deエコ”キャンペーン開催中

(3/31まで)ですってheart04ぜひこの機会にいかがでしょうか・・・confident

 

 詳しくはこちらからどうぞ↓

http://tostem.lixil.co.jp/lineup/sash/reform/inplus/ 

サンルーム☆☆☆

この時期洗濯物が乾きにくいですよねsweat01

 

 雨が降ると外に干せなかったり、外に干しててもなかなか乾かないってこと

ありませんかsign02サンルームはちょっとした暖かい空間ができ、急な雨でも安心heart01濡れる心配は

いりませんよhappy01

 

 トステムさんのほせるんですiiは物干しの場所としてはもちろん、晴れた日にはお気に入りの

ソファを置いてリラックスタイムを味わえる空間にも・・・shine

 

 床材や屋根材もお好みのものを選べ、ライフスタイルに合わせた便利で色々な使い方を

提案していただけるそうです。屋根材は真夏の強い日差しをカットしてくれるそうですよsun

 

ワンちゃんのくつろぎの場所になるかもしれませんね・・・dog

 

詳しくはコチラをどうぞ↓

  http://tostem.lixil.co.jp/lineup/exterior/niwamawari/kakoispace/ 

結露対策

まだまだ寒い日が続いてますね。冬の結露気になりませんかsign02

 

 燃焼タイプの暖房器具ファンヒーターなどを使用すると、水蒸気が発生しますsweat01

放っておくと、カビの発生や床の傷みの原因にもなりますねdespair

毎日拭き取り、カビや腐りの発生を防ぎたいものです。

(結構面倒だったりしますがcoldsweats01

寒いけど・・・換気も必要ですねsign01

 

以前夏にもご紹介しましたが、 『内窓』 は、結露対策にも効果があるそうですshine

復興支援・住宅エコポイントの対象製品となるそうなので、ぜひこの機会にいかがでしょうかsign02

 

気になった方はコチラをどうぞ↓

        http://tostem.lixil.co.jp/lineup/sash/reform/inplus/feature/ 

あけましておめでとうございます

本年も皆様にとってより良き年でありますようお祈り申し上げますfuji

 

 毎日寒い日が続いてますね。暖房器具がかかせませんよね・・・diamond

 

 フローリングですと足元から冷えてきます。そこで床暖房はいかがでしょうか。

床暖房は、足元が暖かく、顔のほてりもなく快適な室内環境を保つそうです。

トステムさんの床暖房システム「HOTひといき」は、安全性が高く省エネ性にも

優れたPTC面状発熱体を採用しているそうです。

こちらは電熱線式の床暖房と違い、自動的に発熱量を抑え、電力を無駄に

使わないので省エネですってsign03

 

詳しくはコチラをどうぞ↓

   http://tostem.lixil.co.jp/lineup/living/yuka_kaidan/ 

夏も冬も省エネ対策

 暑さも和らぎ、過ごしやすい季節になりましたね☆

  これからの季節に向けて、カーテンを取り替えてお部屋のイメージチェンジはいかがですか?

    

    カーテンを選ぶ際に、デザインも重要ですが、機能面にも注目しますよね。

    外からの視線をシャットアウトできるもの、遮熱、UV効果などなど・・・・・

    カーテンで、夏は外からの熱気を防ぎ、冬の隙間風を防ぎます☆

    遮熱効果により、冷暖房効果が上がり、省エネにつながるそうですよ!!

 

(株)サンゲツさんでご紹介されてるオーダーカーテンは、機能面はもちろん生地やデザインも豊富に取り揃えておられます。お子様向けに、ディズニーパターンやスヌーピーなどの柄もありますよ☆

 

詳しくはこちらをご参考にどうぞ↓

http://www.sangetsu.co.jp/catalog/curtain#beside2 

内窓で上手に節電?

いよいよ本格的な夏が到来。気温もぐんぐん上がっていきます。

でもこの夏はとくに節電が課題ですよね。

そこで「内窓」の設置。いまある窓に新たに内窓を設置することで、エアコンの消費電力を抑え省エネ効果が期待できるんです。

夏は外部の熱の出入りの7割以上が窓の開口部からなんですって。

詳しくはコチラ ↓

 

http://tostem.lixil.co.jp/lineup/sash/reform/inplus/feature/ 

遮熱ガラスフィルムが節電に一役。

今夏の電力量の大幅減が予想される中、有効な暑さ対策として注目を集めているのが、ガラスに貼るだけの「遮熱フィルム」。

「ガラスフィルム」といえば光を遮る黒いサングラスのようなものを連想しがちですが、現在は透明度が高いにもかかわらず、

赤外線を90%以上カットし、エアコンの消費電力を抑えることが可能なものが主流となっています。

また紫外線も99%以上カットでき、さらに災害時のガラスの飛散も防ぐ効果もあるという一石三鳥のすぐれものです。

参考サイト

http://www.mmm.co.jp/cmd/scotchtint/consumer/effect/suncontrol.html 

 

東北大震災以降の建設ラッシュにより品切れが続いているようですが、効果の高さの裏づけともいえますね。

乾燥対策は加湿器だけじゃない!

kabe01.jpg近頃すっかり寒くなり、ついつい暖房に手が伸びてしまう毎日ですが、風邪や乾燥などの対策はどうしていますか?今回は乾燥対策にについてのお話です。
 

暖房器具と乾燥

寒くなってくると出番を迎える暖房器具ですが、皆さんは何を使っていますか?エアコン、こたつ、電気カーペット、電気あんかなどなど、多くの器具を使っていると思いますが、どれもこれも空気を乾燥させていますよね?
空気が乾燥するとお肌の荒れや風邪も気になりますが、火事の原因にもつながりかねません。適度に加湿をすることは健康面でも安全面でも重要なことなのです。

最近では加湿機の性能もよくなり、蒸気の出ないハイブリット式や除菌効果のあるイオンの出るものもありますが、「リフォームの面から対策をする」こともできます。
 

調湿パネルって?

洗濯物やタオルを部屋の中に干しておくと、多少の加湿効果がありますよね?
それと同じように、壁自体が湿度調節をしてくれる「調湿パネル」というものがあります。雨の日は除湿、乾燥する日は加湿とまるで上質な木材のように湿度を調節してくれます。カビや結露の対策、ペットや生ごみのの消臭にも効果があり、お部屋を快適にしてくれること間違いありません!後付け可能で一日で完工する商品もあり、生活に負担もかかりません。

デザインも木質感を生かしたものや石調柄など、お部屋の印象を損なうことなく快適な空間に!
加湿器なども良いですが、機器を使わずやさしい快適空間を作り出すリフォームでの乾燥対策を考えてみてはいかがでしょうか?

sarari.gif

DAIKIN【さらりあ-と 壁材】

断熱対策をすれば家計が安くなる!?

dan-netsu_top.jpg秋も終りに近づき、いよいよ冬の到来です。 徐々に寒くなってきた今日この頃、暖房は欠かせない様になってきました。

でも、やっぱり暖房でかかる光熱費は気になりますよね。 今日は、お部屋の断熱性にまつわるお話をご紹介します。

家庭で使うエネルギーの消費量で、冷暖房は年間どれくらいの割合で使われているかご存知ですか?実は、30パーセントも使われているんです! そう考えると少しでも費用を抑えたいところですが、寒さを我慢して生活するなんてできませんよね。そこでポイントになってくるのが、家の「断熱性」。
断熱性能が低いお家は、いつまでたっても部屋全体が暖まらず、たくさんの暖房を使うことになります。逆に、部屋の気密性を高くして暖かい空気が逃げ出すのを抑えれば、使用する暖房も少量で済みます。家計に直結することですから、何とかして抑えていきたいですよね?


ポイントは開口部

断熱のポイントは何と言っても開口部。一般的な住宅では、冬の暖房使用時、ドアや窓から6割もの熱量が逃げて行ってしまいます。とくに、アルミサッシや一枚ガラスは熱の放出率が高く保温の大敵ともいえます。


断熱対策の方法

まずは大がかりなリフォームを考えるのではなく、小さなことから始めましょう。例えば、自然光や風を活用することも一つの手です。外光を取り入れ部屋の温度を上げること。適度に換気をすることも、暖房費を抑えるポイントです。カーテンを厚めのものにして冷気を入れない、放熱させないということも手段の一つです。

次に考えられる方法は、窓のリフォームです。 上記のとおり、開口部は保温の大敵。一枚ガラスを二枚ガラスに交換することや、断熱性の高いサッシに交換することも有効です。最近では短期の施工も可能なので、気軽に交換することができます。

最後にできることは、壁からの放熱を防ぐことです。サッシやガラスの断熱ができていても、壁自体から熱が放出されては意味がありません。新技術を利用した断熱材を使用することも手段の一つと覚えておきましょう。断熱・耐湿・吸音性能に優れたアイシネンという断熱材は安心の生涯補償。カビやダニも繁殖しにくく、壁への断熱には非常に優れた商品です。

icynene01-thumb-640x640-251.jpg

[ エコ断熱「アイシネン」公式HP ]

しっかりとリフォームすることも大切ですが、まずは小さなことから断熱をして、余計な費用を抑えていきましょう!断熱対策ばっちりで、寒い冬を乗り切りましょう!