私のリフォームで業者検索!プチリフォームだって地域別、目的別、施工事例からピッタリなリフォーム業者が見つかる!

リフォームを始める前に知っておきたいマル得

HOMEリフォームアラカルトマル得情報

耐震対策

耐震補強は万全ですか?

★日頃の心がけと、しっかりした家の強度が鍵!

 

 

耐震補強 ・・・ DIYで出来ること

 

○ 大きな家具類全般 ・・・ ホームセンター等に売っている「L字金具」等の転倒防止金具で固定しましょう。

○ 開き戸 ・・・ ホームセンター等に売っている、揺れが起こるとロックが掛かり、扉を開放させない仕組みの地震対策用金具が便利です。
 
○ 本棚 ・・・ 本が飛び出ないようにバンドなどで固定、さらに、本と本の間に隙間がある場合はブックエンド等で固定しましょう。
 
○ガラス製品、窓ガラス、サッシ・・・
 
室内に面したガラス品を、割れても鋭利な破片にならないようにするため、飛散防止用フィルムを貼ります。空気を中に入れないようキレイに貼るためには少し慣れが必要ですが、ガラスが割れても破片の散乱を軽減できます。ガラス窓には厚手のカーテンをかけておくと、更に効果が期待できます。
 
 
「日頃からの習慣が大切です。」
 
○ガラスのない退路を確保しておく。
○眠る場所のそばにガラス製品を置かない。
○スリッパなどを寝室・子供部屋に用意しておく。
○地震が起きたときの為、ガラスのない退路を確保しておく。
 
 
○ 照明器具 ・・・ 吊り下げ式の照明器具は、チェーンと金具を使って数箇所止めましょう。
蛍光灯は蛍光管の両端を耐熱性のテープで止めましょう。
 
○ テレビや電化製品 ・・・ できるだけ低い位置に固定して置きましょう。
上には極力物を置かないようにしましょう。普段からタコ足配線をしないようにしましょう。
 
○ 暖房器具 ・・・ ストーブは耐震自動消火装置付きのものを使用しましょう。周りに燃えやすい物を置かないようにしましょう。
 
○ 冷蔵庫 ・・・ 転倒防止用の専用べルトが便利です。又、針金を通して、壁などに固定しましょう。
 
○ ピアノ ・・・ 本体にナイロンテープなどを巻き付け、太めの柱に取り付けた金具に連結し、しっかりと固定しましょう。
脚には専用のすべり止め器具を付けましょう(和室用と洋室用の両方が市販されています)。
 
 
 
 
 

耐震補強 ・・・ リフォームで出来ること

 

【基礎・地盤の補強】 ・・・地盤の改良 、基礎のひび割れの補修 、無筋基礎の鉄筋化 、コンクリート基礎の打ち増し 、床の補強

 
【壁の補強】 ・・・配置耐力壁や筋交いの配置(増設)
 
【柱・建物の補強】・・・
 
柱が土台から引き抜かれるのをコンクリート基礎の力で抑えるホールダウン金物で柱と土台、柱と壁を補強 、梁・胴差しの仕口部補強 、床・天井・小屋裏の火打ち梁の追加 、小屋裏筋かいの補強 、ボルトナットの増し締め
 
【外部】 ・・・土瓦屋根の軽量化 、外壁のひび割れ補修 、倒壊防止用の柱や壁の増設
 
【老朽化対策】 ・・・水廻り等の腐朽した柱・土台の増設・交換 、シロアリの被害のある土台・柱などの交換
 
【その他】 ・・・地震用シェルターの設置
 
 
 

★耐震リフォームをする前に

 
 国土交通省の監修による「我が家の耐震診断のポイント」などを参考にして、まずはセルフチェックをしてみましょう。

そして、専門の業者に頼む場合、実績があり、信頼の置ける業者に頼みましょう。

消費者の大地震への不安につけこみ、多額のリフォームでお金を取る、いわゆる「不安商法」などをもちかける悪徳業者に惑わされないようにしましょう。

各市町村や各種団体に専門の相談窓口があります。そこを利用すると良いでしょう。又、地方公共団体によっては、住宅の耐震診断や改修工事の費用などを一部補助する制度があります。

各地方公共団体の窓口の方でご確認下さい。

 

 

【参考にどうぞ】:

http://tostem.lixil.co.jp/lineup/kouhou/ssvalue/anshin01.htm

サイトのご利用方法(初めての方はこちら)

人気コンテンツ